全国対応問題社員対応‧労働組合対策‧残業代請求対応など
社会保険労務士事務所インサイス

無料電話相談‧お問い合わせ

0120-640-025 電話受付 平日9:30 - 18:00

会社の業務としての性格が強い場合や、指示があれば労働時間となります。(黙示の指示も含む)

特定社会保険労務士 脇 淳一会社は、就業規則等の規定に基づいて、社員に対し研修を受講する命令権を有しています。

一般的な研修は、会社の指示に基づいて行われる場合と、任意的に行われるものに分かれると思いますが、前者の会社の指示における研修は、労働時間となり、賃金の支払い義務が発生します。

問題となるのが、後者の任意的に行われる研修であり、次の要素に応じて個別に判断する必要があります。

  • 「研修の参加が強制されているか?」
  • 「研修と業務に関連性はあるか?」
  • 「参加に至る経緯から、事実上拒否できないものでないか?」

暗黙的に参加が強制されている研修も多いとは思いますが、例えば上司からセミナーを勧められて、出欠の確認をされた上、不参加だった場合には、その理由まで追求することになっていれば、事実上、参加は余儀なくされていますから、当該研修時間は労働時間となるでしょう。

サービス残業対策の記事一覧

全ての記事を見る

社員トラブルでお困りの経営者の⽅は
経験豊富な社労士に無料で相談できます

社会保険労務士事務所インサイスでは、初回無料で社労⼠に相談することができます
もちろん相談だけで依頼されなくても構いません。お困りの際はお気軽にご連絡ください。

社会保険労務士事務所インサイスのごあんない

住所・連絡先
東京都千代田区永田町2-17-17
AIOS永田町2階
社会保険労務士事務所インサイス
TEL:0120-640-025
営業時間
9:30 ~ 18:00
交通アクセス
永田町駅から徒歩3分
赤坂見附駅から徒歩4分
国会議事堂前駅から徒歩7分

問題社員対応‧労働組合対策‧残業代請求対応など社労士に無料で相談できます

無料電話相談
お問い合わせ