全国対応問題社員対応‧労働組合対策‧残業代請求対応など
社会保険労務士事務所インサイス

無料電話相談‧お問い合わせ

0120-640-025 電話受付 平日9:30 - 18:00

原則として、休日労働には当たりません。

特定社会保険労務士 脇 淳一例えば、日曜日が休日の会社で、東京在中の社員に「月曜日の朝一で、札幌に行って来い!」と命じたとします。

そうすると、社員は前日の日曜日に、札幌に向かわないと間に合いませんので、休日が犠牲になります。この場合、日曜日は、休日労働に該当し、賃金の支払いは必要となるのでしょうか?

移動時間である日曜日は、原則として労働時間とはならず、賃金の支払いも必要ありません。

そもそも労働時間とは、少なくとも会社の指揮命令下、すなわち会社に命令を受けている状態、あるいは受け得る状態を言います。

札幌へ移動している時間は、酒を飲んだり、本を読んだりしても構わない自由な時間です。上司が帯同し、移動中も常に監視され、仕事を命じられていたり、重要な商品の運搬を命じられ、常に監視しなければなかったりといったと特殊なケースを除いて、移動時間は労働時間とはならず、休日労働の問題も発生しません。

ただ、休日が犠牲になることは間違いありませんので、日当を増額する等の配慮は必要かと考えます。そうすることで、より正当な出張を命じる権利の担保ができます。

サービス残業対策の記事一覧

全ての記事を見る

社員トラブルでお困りの経営者の⽅は
経験豊富な社労士に無料で相談できます

社会保険労務士事務所インサイスでは、初回無料で社労⼠に相談することができます
もちろん相談だけで依頼されなくても構いません。お困りの際はお気軽にご連絡ください。

社会保険労務士事務所インサイスのごあんない

住所・連絡先
東京都千代田区永田町2-17-17
AIOS永田町2階
社会保険労務士事務所インサイス
TEL:0120-640-025
営業時間
9:30 ~ 18:00
交通アクセス
永田町駅から徒歩3分
赤坂見附駅から徒歩4分
国会議事堂前駅から徒歩7分

問題社員対応‧労働組合対策‧残業代請求対応など社労士に無料で相談できます

無料電話相談
お問い合わせ