労働時間Q&Aサイト

『休憩時間』の長さは、自由に設定できますか?

A.労働時間が6時間を超える場合は45分間、8時間を超える場合は1時間の休憩時間を与える必要があります。

一方、上限については制限はありませんので、自由に設定することができます。

ただし、異常に長いと拘束時間が増え、公序良俗(民法90条)の問題が出てくるので、「1日3時間程度以内」が妥当な上限と言えるでしょう。

------------------------------------------

労働基準法は、休憩時間について、労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分間、労働時間が8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を与える必要があります。

もちろんですが、休憩時間については、賃金は発生しません。

一方、休憩の最長時間については、明確な制限はありません。

したがって、原則は自由に設定することができるということになりますね。

ただし、休憩時間が長くなると、拘束時間も長くなりますから、休憩時間の設定が自由だからと言って、現実的には、それでよいのかという問題が出てきます。

民法90条「公序良俗」では、常識外れの契約は無効になると規定しています。

ですので、あまり長すぎる休憩は、民事上の問題が出てきますので、やはり1日3時間程度以内が妥当と言えるでしょうね。

ただ、飲食店、ホテル業や宿泊業など、もっと長いの休憩時間が必要な業種は、手当等を支給して、社員の理解を得ながらやっていく必要があると考えます。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

労働時間Q&Aサイト Q&A

ノウハウ集・お役立ち情報

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A