労働組合対策サポートサイト

裁判所に提起されたことを理由に『団体交渉は拒否』できるのか?

団体甲解雇や残業代の未払い等が原因で、社員が労働組合に加入し、団体交渉を重ねたにもかかわらず、交渉事項が解決できなかった場合、労働審判等の裁判所に提起されることも十分にあり、反対に会社が積極的に裁判所へ提起することも可能です。

このような司法手続きを取った場合、「もう団体交渉は応じなくてよい、それにそもそも開催を要求されるようなことはないだろう。終了だろう。」と考える経営者、会社担当者の方がいらっしゃいますが、残念ながら、司法手続きを取ったとしても、当該労働組合の組合員であることに代わりはないので、団体交渉開催の要求があった場合には、原則的には、これに対応し、応じる必要があります。

ただ交渉事項は、裁判所で提起されている内容とさほど変わりはないのが一般的ですから、団体交渉に参加して、訴訟で会社が主張していることを、改めて説明する程度となりますね。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

労働組合対策サポートサイト Q&A

ノウハウ集・お役立ち情報

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A