労働組合対策サポートサイト

団体交渉のメンバー、参加者は誰が選任すべきか?

合同労組からの団体交渉の場合、社長の出席に固執し要求してくることが一般的です。当方の経験では、社長が出席しないことだけを以て、不当労働行為だと執拗に抗議してくる労働組合も存在します。


結論としては、社長でなくても中小企業であれば役員~部長以上クラス、大企業であれば課長以上クラスの方が中心となって対応されるのが、得策であり妥当です。

団体交渉に社長の出席は必要か?でも解説していますが、代表取締役の出席しなくても、それだけを以て不誠実交渉を判断されるものではありません。


ただし、誠実交渉義務の一環として、実質的な交渉権限が付与されている人が出席する必要は必要であり、単なる事務担当者やなんら交渉権限を持たない社員、事情がわからない社員が出席して、何ら真面な回答ができない状態の団体交渉は、不誠実交渉となり不当労働行為のリスクが非常に高まるものです。


つまり、交渉過程で労働組合の要求について、妥結するか否かの場面で明確な回答ができない、その理由が説明できない、権限がないことを理由に回答や交渉を拒否すれば、不当労働行為のリスクが高まるものです。


毎回ではなくても、一定権限の保有者の出席が必要になるため前述の役職と権限を保有している方の出席が妥当な対応となります。


全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

ノウハウ集・お役立ち情報

労働組合対策サポートサイト Q&A

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A