労働組合対策サポートサイト

合同労組・ユニオンの「ビラ撒き」「ビラ貼り」に対する対応は?

『ビラ貼り』への対応は?

労働組合の代表的活動としてビラ貼りが挙げられます。ビラ貼りは、会社に対する要求事項や組合員の勧誘、会社の内部事情の暴露の場として使われることもあります。内容によっては、懲戒処分や損害賠償請求などが考えられますが、関係が良好でない外部労組の場合には社内への影響が大きいものです。(大多数が組合員で友好的な関係にある場合は除きます)


社内のビラ貼りが、労働組合活動の一環だからといっていつでも自由にできるわけではありません。原則としては会社の許可や合意が必要となり、この合意がない場合は正当な理由がある場合に限って、許されることになります。正当な理由なくビラ貼り行為を行った場合は、建造物損壊罪(刑法260条)や器物損壊罪(刑法260条)に該当する可能性があり、ビラの枚数、貼付場所や原状復帰の困難度等により考慮されます。(金沢タクシー事件(最一小判S43.1.18))


会社の許可あるいは正当な理由がない場合には、労働組合に対して撤去を要求することになり撤去を要求しても、応じない場合には会社がビラの撤去を行うことができます。そして修繕費用などを労働組合へ損害賠償請求することが可能です。いずれにしても、組合との交渉がこじれてくるとビラ貼りを要求されることがありますが、このような背景を踏まえて慎重に判断し対応する必要があります。


『ビラ撒き』への対応は?

ビラ貼りと並んで「ビラ撒き」も代表的な労働組合活動です。ビラ撒きは、会社内で行われる場合と、会社外で行われる場合があり、いずれかで会社の対応は大きく異なります。会社内におけるビラ撒きは、基本的に会社の許可しない限りこれを行うことはできません。会社の許可を得ずビラ撒き行為を行った場合は懲戒処分と対象となり、このような行為を禁止する就業規則も有効と考えられています。


しかしながら一方で私立学校の職員室におけるビラ撒きに対し行われた懲戒処分の事案について、配布方法も平穏で制度があまり入室しない時間帯になされていることから、職場規律を乱す恐れはないとして懲戒事由には当たらず、組合へ嫌悪を示す学校の対応は不当労働行為に当たると判断しました。(倉田学園事件(最高裁H6.12.20))


原則的には許可制であり、禁止とすることは何ら問題ありませんが許可を得なかった場合は全てに厳しい対応が可能であるということではなく業務に大した影響が出ず業務運営に配慮が見られるビラまきの場合は、会社が許可せずとも許される場合があるということになります。ただし就業時間中の組合活動は、組合員と言えども職務専念義務がありますので、この場合は懲戒処分を行ってもほぼ有効になると考えられます。(程度の軽い処分)


会社外で行われる場合ですが、就業時間外であれば、会社は基本的に禁止とすることはできないと考えてください。基本的には静観する他ありませんが、ビラの内容に、会社の名誉や信用を棄損し、業務運営に影響を与えるような虚偽の内容や会社の秘密事項等を公表する内容であれば、ビラ撒きの正当性が否定される可能性が高くなりますので、会社は抗議し修正を求めることが可能だと考えます。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

ノウハウ集・お役立ち情報

労働組合対策サポートサイト Q&A

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A