労働組合対策サポートサイト

合同労組と解決に至ったら、必ず合意書を取り交わしましょう。

もし、合同労組と解決合意に至った場合は、必ず書面(合意書)にして確認をしましょう。

合意書の作成は、労働組合側からも当然に提案があると思いますが、ここがゴールなので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

一般的な合意書の内容は・・・

  • 例えば解決金を支払うことによって、今後、法律的に争う余地がないこと。(債権債務関係がないこと)
  • 退職日と、合意した退職の条件。

などを入れておきます。

通常は3部作成し、会社と、本人と組合側の三者間によって合意書をて締結することになり、この書面によって、無事に問題が解決されたことが確認されます。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

ノウハウ集・お役立ち情報

労働組合対策サポートサイト Q&A

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A