会社を守る労働基準監督署調査対応

労働基準監督署の調査とは

労働基準監督署の調査は、労働者からの申告、あるいは不特定に選定された場合のいずれかが、主なきっかけであり、調査は、期日などを変更することはできても、調査自体を拒否することはできません

そして、監督官には、刑事罰に該当する事実があれば、会社を送検することもできます。

調査において、会社の重要な姿勢とは

しかし当たり前ですが、違反があったからといって、ただちに罰則が科せられるわけではないので、そこまで恐れる必要はありません。

それに現実は、違反がない方が珍しいです。
ただ、調査があることが事実ですから、あまりに安易に考えるのも問題です。

監督官に円満にお引き取り願うためには、真摯に対応し、「指導の意図を読み、指導内容の全てを真に受けすぎない」という姿勢が重要となります。

指導内容の本質を読み取って、適度な対応をする!

指摘された問題を全て同列に処理しようしたり、指摘された事項をただ修正しようとするのではなく、監督官の権限や、指摘事項の主旨を十分に理解した上で、社員の健康問題、すなわち恒常的な長時間労働の防止を念頭に置いた対応を行うことにより、必要以上の過剰な修正をすることなく、事業への影響は大きく緩和させることができると考えています。

これらは、当事務所が日々、多くの監督署の調査に立ち会い、様々な問題を解決してきた中で、分かってきたことです。

しかし、監督署対応の基本的な姿勢がご理解いただけたとしても、実際には、労働時間や賃金の問題を解決するには、一部、テクニック的なノウハウも必要になってくることは、否めません。

調査の立会から解決まで、全面的にサポートしています

もし今、御社が「監督署の調査で対応に困っている」といった場合には、是非、以下のフォームからお問い合わせください。

これまでの多くの経験を生かし、会社が主張するべきところは、しっかりと主張し、調査の立ち会い、解決案の検討、是正報告書の作成提案、改善の報告など、解決までお手伝いさせていただきます。

料金について

詳しい料金については、お問い合わせください。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー
  • ブログ「東京・赤坂の経営派社労士事務所『インサイス』の事務所日記」