労基署調査対策サポートサイト

「就業規則を作成届出していない」場合の対策方法

労働基準法89条では、事業場ごとに常時10人以上の労働者を雇用している場合は、就業規則を作成し、労働基準監督署へ届け出なければならないとなっています。 

10人以上というのは、会社単位で10人以上ではなく、本社や支店、営業所など、各事業場ごとに就業規則を作成し、届け出る必要があります。 

また、就業規則を提出する際に「従業員の過半数代表者に意見を聞いて意見書を添付する」(過半数で組織する労働組合がある場合は当該労働組合)ことになっています。 

この際の従業員代表は、前ページでも述べた通り、過半数代表者の選出は、「民主的な方法」による必要がありますから、36協定と合わせて注意してください。 

そして、就業規則に規定する内容については、労働時間や休日など定める必要がありますが、何よりも「社員全体との契約書そのもの」であるということを意識することが重要です。

借り物の就業規則や、ひな形の就業規則をあまり吟味せずに使用してしまうと、痛い目に会うことは必至ですので、自社の労働条件を正確に反映した就業規則を作成しましょう。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

ノウハウ集・お役立ち情報

労基署調査対策サポートサイト Q&A

Q&A一覧

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A