問題社員対応サポートサイト

懲戒処分の通知方法は?

  • 書面でなく口頭でも可能ではあるものの、、、。

懲戒処分の通知方法は、会社が社員に対する一方的な通知です。したがって、書面に限らず口頭で行うことも可能であるのが民法上の考えになります。民法においては、懲戒処分の通知方法を書面で行わなければならないルールはありません。


就業規則の規定において「懲戒処分は書面で通知する」といった規定がなければ口頭でも行うことは可能です。


  • 本来は純粋な改善の通知が目的。実務では必ず書面で通知する。

しかし、実務対応では書面で通知するべきです。書面交付により、懲戒の内容を明確にして、そのような問題行動は組織では許されないという会社の強い意思を示すことで真摯な改善を求めます。


また、指導を行っても尚、改善が見込めない場合には普通解雇が視野に入ってくることになりますが、解雇が濫用でないかの判断において、どの程度指導改善を行ったのか、このプロセスが非常に重要になるものです。つまり、書面において行うことで、指導した経緯を客観的に残すことができます。


けん責などの懲戒処分であれば、しっかりと改善の機会を求めることにより二度と同じような行為を起こさないようにという意味を伝えることができます。書面でリアルかつ詳細に説明を行うことで、改善に本気になってもらい将来的な紛争を防ぐ効果も持ちます。


また、もし懲戒処分通知を受けた社員が弁護士や合同労組など外部機関に相談した際、相談を受けた側はそのような書面の有無や内容を必ず確認します。社員本人もプチパニック状態でしょうから、自身にとって都合の良い話だけを伝える可能性もあるでしょう。


その中で、書面により会社側の意思や真実に近い状況を理解することで、特に最終局面で中立的な立場で早期解決に苦心してもらえる場合もあります。穏当な交渉ができる可能性も高まる効果もあります。

懲戒処分の通知書の受け取りを拒否された場合には、懲戒の意思表示が到達したことや懲戒処分の通知をしたプロセスのために、内容証明だと記録が残る形式で自宅へ送付することになります。


  • その上で、必ず本人に言い分、主張は聴くことを忘れない。

懲戒処分を通知した上で、必ず同時に「本人の言い分や主張は聴く」ようにしましょう。懲戒処分の理由となる事実認識が間違っている可能性がありますし、特に社員間の協調性によるものであれば、他の社員の申告内容が事実でないことも多数あります。

事実認識が異なるのか、認識認識は認めた上で反省していのかそうでないのか、ここは受容的に聴き弁明の機会を付与して今後の判断材料にすることが問題解決につながりますし、理論的にも弁明の機会を付与したと解釈され、懲戒処分等の有効性が高まるものです。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

ノウハウ集・お役立ち情報

ケース別対応Q&A集

迷惑行為

その他

  1. 『残業した時の賃金』の計算方法は?
  2. 『産休中と育児休業中の保険料』は発生しますか?
  3. 『朝礼』は、労働時間になりますか?
  4. 『残業命令』は、自由できるのでしょうか?
  5. 『セクハラ』って、そもそもどういう意味ですか?
  6. 『懲戒処分』を行う際の重要なポイントは?
  7. 『研修時間』は、労働時間になりますか?
  8. 『諭旨退職』とは、一体なんでしょうか?
  9. 『借金』の取り立て電話が何度も会社に来るので困っています。当該社員を懲戒処分にしたいのですが?
  10. 『出勤停止』を命じたいのですが、何か注意することとはありますか?
  11. 『経歴詐称』が発覚しました。解雇理由になりますか?
  12. 『宗教の勧誘』をする社員がいて社内が混乱しています。どうしたらよいでしょうか?
  13. 『所持品検査』を会社が行うことは、できますか?
  14. 『アルバイト』を解雇したいのですが、できますか?
  15. 『出向者の就業規則の適用』は、出向元・出向先どちらのものが適用されるのですか?
  16. 『問題社員にはメモや記録』が重要だと言いますが、何か記録する際のポイントはありますか?
  17. 社員に『健康診断を行った後の対応』について教えてください。
  18. 最近、会社内における『いじめ』が社会問題になっていると聞きますが、会社として注意すべき点などはありますか?
  19. 『アルバイト』を解雇したい場合は?
  20. うつ病(精神障害)に罹患した社員を解雇できますか?
  21. 『中退共』の退職金減額、没収は可能か?
  22. 『退職届の撤回』を申し込んできた社員の会社対応は?
  23. 『退職届を拒否』することはできるか?
  24. 出張は当然に命じることは可能?海外出張は?
  25. 『ブラック企業』と認識されてしまった場合の会社リスクとは?
  26. 『副業禁止』は可能?そもそも禁止にするべき?
  27. 副業でキャバクラ・ホストして働くことを禁止することは可能か?

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A