就業規則作成サポートサイト

労働時間における規定のポイントは?

労働時間については、とても1ページでは書き切れないため、9時~18時といったような一般的な始業・終業時刻を前提に解説します。

まず、タイムカードのみで労働時間を管理している場合、会社を「入った時間・出た時間」は記録として残りますが、実際に仕事をした「実労働時間は正確にわからない」ですよね。

本来的にですが、会社は、タイムカード通りに賃金を支払う義務はありません。

会社は、実際に働いた時間に対してだけ、賃金を支払えば問題なく、就業時間中にトイレにいったり、無関係インターネットサイトを見たり、コーヒーを飲んだり、無駄に隣と人としゃべっている時間は、賃金を控除してもよいわけです。

しかし、そんなことをチェックする術もないでしょうし、そんなことをしていたら、最も重要な社員の信頼関係は崩壊するに決まっていますから、できないし、やるべきではないですよね。今日では、常にパソコンの閲覧履歴を監視するシステムもあるそうですが、社員がそれを聴いたらどう思うか、少し考え物ですよね。

それを知ってか知らずか、まれに「タイムカード通り1分単位で給料を払ってください!」と言ってくる社員がいたり、労働基準監督署の調査を受けて同じようなことを指導されたりすることがあります。 

このような場合の対策として、しっかり「実労働時間制」であることを明記することがポイントになります。

しっかり当社の始業時刻は「業務を開始した時刻」であり、終業時刻は「業務が終了した時刻」とし、実労働時間以外の時間については、賃金を支払わないことを明記しておきましょう。

常にその通りやってしまうと、色々と問題が出る場合もありますが、前述のようなタイムカード絶対論で主張をされた場合、会社としての言い分も担保しておきましょう。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

ノウハウ集・お役立ち情報

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A