就業規則作成サポートサイト

就業規則で一方的な「不利益変更」は可能か?

就業規則の不利益変更については、労働契約法9条において「労働者の就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。」とあり、次の10条において「労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、~(中略)~合理的なもの」でない限り、その変更は許されないとしていますので、これが理屈の世界の原則です。

しかし、現実として不利益変更に関するトラブルが多発しているかというと、あまりそうは感じないですね。

例えば、社員を一方的に解雇してトラブルになるケースと、賃金を一方的に切り下げてトラブルになるケースを比べれば、解雇してトラブルになるケースの方が圧倒的に多いはずです。実務では、賃金を切り下げる場合の方が多いにもかかわらずです。

やはり、解雇は社員としての権利を根こそぎ奪う一方で、賃金の切り下げは、社員の生活への影響は、あくまで比較論ですが、解雇ほどに厳しいものではありません。 

そして、社員にとっても、会社と戦うということは精神的にも経済的にもかなり負担が大きいですから、冷静に考えて、これを天秤にかけて判断するのが一般的です。賃金の下げ幅にもよりますが、実際に会社と戦おうとする人は、現実問題として、やはり少ないと言えます。

しかし、だからといって、当然やりたい放題やってよいわけでないことは前述の通りです。社員の信頼関係を維持するためにも、経営上、必要に迫られた場合の最終手段として考え、各社員の理解を得ようするプロセスは絶対的に必要です。

 今ある経営の危機を乗り越えた時には、社員に還元を約束するぐらいの気持ちでやらないと、理解も得られないですし、危機を乗り越えたとしても、社員と信頼関係が崩壊しているかもしれませんからね。

 賃金の切り下げ等の労働条件の中で、重要なものについては以上ですが、例えば服務規律等の会社内におけるルール等については、そもそも就業規則は会社が一方的に制定できることが前提ですので、会社が柔軟に変更することが可能だと考えられますね。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

ノウハウ集・お役立ち情報

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A