就業規則作成サポートサイト

就業規則に「パートタイマーは別の規則を適用する」となっているのに、その別規則がありません。問題ありませんか?

A.適用範囲の規定がなく、適用範囲そのものが曖昧であったために、パートタイマーとの間で賞与や昇給、年次有給休暇、退職金等についてトラブルになった会社も数多く存在します。

=====================

いわゆる勤め人は、一般に「労働者」あるいは「従業員」と呼ばれています。

そして、労働者という括りの中で、各企業毎に、正社員、パート、アルバイト、嘱託社員等の呼称を用いて、雇用形態を区分しています。

そうした考え方からすると、まず、「従業員」として全体的な定義を行い、次に適用範囲として、本規則の適用範囲を明記することが考えられます。

そして、本規則の適用除外とした雇用形態者がいる場合には、雇用形態毎に規則を作成することが必要になります。

適用範囲の規定がなく、適用範囲そのものが曖昧であったために、パートタイマーとの間で賞与や昇給、年次有給休暇、退職金等についてトラブルになった会社も数多く存在します。

また、正規雇用者と非正規雇用者では、労働条件は当然異なると思いますので、パートタイマー、アルバイト、嘱託社員、その雇用形態に合った規則を作成しておくことが、トラブル予防に役立ちます。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

ノウハウ集・お役立ち情報

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A