事務所からのおしらせ

【Q.休業が進行していくと過去3か月間の賃金総額が減少しますが、休業手当の金額も減少していく?】   2020.04.23

Q.休業が進行していくと、休業手当の対象日が増えて平均賃金の算出根拠となる過去3か月間の支給額が減っていくように見えます。今後、休業期間した期間が多くある場合には、休業手当の金額は減少していくのでしょうか?

休業手当対象日は、支給日数も休業手当支払い日も除外されますので、大きな変動はありません。ただ、状況次第で減少する可能性があります。

例えば、過去3カ月の暦が90日で、3か月間の総支給が90万円だとすると1日当たり1万円が平均賃金となります。この場合、その60%の6千円が休業手当の最低金額になります。

そして休業開始後、仮に1カ月間20労働日で、その内、10日間の労働日(休日を挟まない)を休業したとして、次の月が到来したとき、再度平均賃金を計算しなおすことになります。

この場合、過去3か月間90日だと仮定した場合、10日の日数と10日間の休業手当が除外されます。

となると、2カ月+05か月分(10日分)を80日に割ることになるため、1日当たりの単価は減少することになります。

これは、休業した場合に除外されるのが労働日である一方、平均賃金は暦ベースで算出されるため、このような事象が起き、法令上もこれが正しいと示されています。

尚、休業した日に休日を挟む場合には、この休日も除外する日数に含むことになります。

つまり、土日が休日である場合には、金曜日と翌月曜日を休業とした場合には、除外する日数は2日ではなく4日となります。

 

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A