事務所からのおしらせ

【Q.休業手当の算出において、通勤手当など手当を除外して良いか?】   2020.04.23

Q.休業期間中は、通勤手当などの特定の手当を除外して良いでしょうか?また他企業では、一般的にはどうしていますか?

結果的に平均賃金の60%以上であれば問題ありませんので、「通常の賃金×●%」といったように、通常の給与を算定基準する場合には、特定の手当を除外しても、平均賃金60%を下回ることがなければ問題はありません。一般的には、通勤手当のみを除外するケースが多いです。

平均賃金の算出方法は一部慶弔見舞金的や賞与を除けば全て含まれますので、完全に平均賃金を算定基準とする場合には、手当を除外することはできません。ただ結果的に平均賃金の60%以上であれば問題なく、平均賃金の算出の際には、労働日ベースではなく暦ベースになるので、通常の賃金を基準した賃金よりも低くなりやすい傾向にあります。

ただ、雇用調整助成金における休業協定書では、対象となる手当や計算方法を記載しますが、この計算方法を下回っていると、雇用調整助成金の申請に影響が出ますので、注意が必要です。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A