事務所からのおしらせ

Q,雇用調整助成金でシフト制の場合、1日10時間シフトと3時間のシフトの日があるのですが助成金額はどのように算定されるのでしょうか?   2020.04.22

Q.当社では1年単位の変形労働時間制を適用しています。1日のシフトが最長10時間、最短3時間の日があります。この場合、各日の雇用調整助成金の金額はどのようになりますか?


結論、いずれも同額となります。

休業手当の金額と、雇用調整助成金の金額は似て非なるものですので、1日1時間であろうが、10時間であろうが、助成金額は同じ額となります。

結果的にですが、1年単位の変形労働時間を適用し、休業期間中に時間数が短いシフトが多ければ、休業手当は少ない中で、助成金の対象日は維持されますので、その間における雇用維持の経費は少なくなります。

他方で、休業期間中に時間数が長いシフトが多ければ、休業手当は多い中で同額の助成金になるので、結果的に雇用維持の経費は多くなります。

ただ、休業手当が必要に少なくなるようなことは、道義的に社員との信頼関係を壊すことになりますので、変形労働時間制を組みなおし、平均標準的なシフトを組みなおすことも一考です。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A