事務所からのおしらせ

Q.社員が新型コロナウイルスに罹患した場合、その社員にはどのように対応すればよいでしょうか?【回答事例】   2020.04.15

Q.まだ実際に発生はしておりませんが、社員が新型コロナウイルスに罹患した場合、その社員に対しては、どのように対応すればよいでしょうか?【回答事例】

A.まず、新型コロナウイルスは指定感染症に指定されましたので、罹患している場合には、直ちに就業禁止となります。

当然、御社からの賃金はゼロで問題なく、健康保険に加入していれば傷病手当金(標準報酬日額の2/3相当)が、欠勤した日から暦日ベースで4日目から支給対象となります。

 しかし、一方的に就業禁止できるのは、本来は罹患したことが明らかな場合であり、「罹患が濃厚」や「罹患の可能性がある」という状態では、理論上は、就業禁止とはなりません。

つまり、検査結果が明確に出た場合であり、現実的には少ないケースになります。

 この場合、杓子定規に行きますと、疑いがあった時点で、会社から休ませることになり、休業手当(平均賃金の60%以上)を支払って、休ませることになります。

 ただ、本人了承の上で、年次有給休暇を取得してもらうことも可能です。一方的な年次有給休暇の消化はできませんが、本人の了承があれば何ら問題ありません。

 また、6か月経過をしていないなどで年次有給休暇を付与されていない人は、時期に付与される年次有給休暇の前借が可能です。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A