労務トラブルQ&A

『有給休暇』は、どんな条件の時に与える必要がありますか?

A.入社から6か月間の勤務と、8割以上の出勤があれば、発生します。

いつ取得するかは、社員の判断に委ねられています。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 労働基準法39条は、「使用者は、その雇い入れの日から起算して6か月間継続勤務し全労働日の8割以上勤務した労働者に対し、継続し、または分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない。」と規定しています。

そして、10日付与から1年経過ごとに以下の表にように有給休暇を与える必要があるとされています。

【 週所定労働日数が30時間以上の場合】

雇入れの日から起算した継続勤務期間の区分に応ずる年次有給休暇日数
6ヶ月
1年6ヶ月
2年6ヶ月
3年6ヶ月
4年6ヶ月
5年6ヶ月
6年6ヶ月以上
10日
11日
12日
14日
16日
18日
20日

 

表-2【 週所定労働日数が30時間未満の場合】

週の所定労働時間 週の所定労働日数 1年間の所定労働日数 雇入れの日から起算した継続勤務期間の区分に応ずる年次有給休暇日数
6ヶ月
1年
6ヶ月
2年
6ヶ月
3年
6ヶ月
4年
6ヶ月
5年
6ヶ月
6年
6ヶ月以上

30時間
未満

5日以上 217日以上
10日
11日
12日
14日
16日
18日
20日
4日 169日~216日
7日
8日
9日
10日
12日
13日
15日
3日 121日~168日
5日
6日
6日
8日
9日
10日
11日
2日 73日~120日
3日
4日
4日
5日
6日
6日
7日
1日 48日~72日
1日
2日
2日
2日
3日
3日
3日

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A