労務トラブルQ&A

『産休期間中の社会保険料』は、どのように徴収しますか?

A.産休期間中は社会保険料が発生します。社員負担分の保険料は、都度振り込んでもらうか、復帰後、まとめて賃金が控除するか、いずれかの方法で徴収するのが一般的です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

産休終了後の育児休業期間中は、社会保険料は免除となりますが、産前6週間と産後8週間の産休期間中は、社会保険料が労使共に発生します。

問題になるのは、『社員から、どのように保険料の徴収をどうするか』です。

  • 毎月、保険料を会社口座に振り込んでもらう。
  • 会社へ復帰後に、まとめて請求する。あるいは賃金から控除する。

以上のいずれかの対応が一般的ですが、復帰後に徴収する場合だと、復職せず退職してしまったり、金額が大きくなりすぎて、請求しにくかったりします。

なので、しっかり対応するのであれば、毎月、振り込んでもらう対応が無難と言えます。

ただし、休業中は、給付金が支給されるもののタイムラグがあり、無収入の期間もあると思いますので、給付金の支給に合わせて振り込んでもらうなど、配慮されることをお勧めします。

そこまで大きな金額ではありませんので、そのまま会社が負担してしまっている会社もありますが、一旦、前例を作ると、変更するのは大変ですので、しっかり対応しましょう。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A