労務トラブルQ&A

『育児休業』は、与える必要がありますか?

.満1歳(あるいは1歳6ヶ月)の子を持つ従業員が、会社に申し出た場合、育児休業を与える必要があります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

平成7年度から、いわゆる育児・介護休業法により、育児休業制度が、全ての会社を対象として義務化されました。

満1歳(一定の要件を満たせば、1歳6ヶ月)に満たない子供をよう育するために、従業員が申出た場合、会社は、最大で子が1歳6ヶ月になるまでの間、育児休業を与える必要あります。(育児・介護休業法第5条~第9条)

したがって、会社が育児休業を拒否したり、育児休業を取得することを理由に、解雇や不利益な取り扱いをすることはできません。(育児・介護休業法第10条、第16条、第16条の4

したがって、育児休業は規則等の有無にかかわらず、また、事業主の許可を条件とすることなく、対象となる労働者が使用者に「休業申出書」を提出することによって取得することができることとなっています。

また、パートタイマー等の非正規従業員でも、一定の条件を満たすならば、付与しなくてはなりません。

尚、平成22年より、労使協定を定めることにより、配偶者が専業主婦(夫)や育児休業中である場合等の労働者からの育児休業申出をを拒める制度が廃止され、専業主婦(夫)家庭の夫(妻)を含め、すべての労働者が育児休業を取得することができるようになりました。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A