労務トラブルQ&A

休職満了時の『治癒』の判断基準は?

一見気の毒かもしれないが、従前の業務が可能かどうか判断する。

うつ病を初めとした、精神疾患による休職の利用が非常に増えている今日ですが、休職期間満了時に社員の復職を認めるかどうかは、「治癒しているかどうか」によって判断されます。

ここでいう治癒とは、とりあえず出社できるというレベルではなく、その社員が「健康だった時の業務が行えるかどうか」で判断を行う必要があります。したがって、本来求められている100%の業務ができない以上は一見、本人には気の毒かもしれませんが、安易に復職を認めるべきではないと考えます。

特にうつ病をはじめとした精神疾患は、自殺の原因となるものであり、特に『治りかけ』が危険と言われています。安易に復職を認めたことがきっかけで最悪の展開を迎えることありますから、中途半端な状態であれば、本人のためにも、復職の方向性以外において、できる限りのサポートを行い、本人が治療に専念してもらうことが、お互いにとって、最良の選択だと思います。

『軽易作業なら可』といった中途半端な診断書が出てくるような状況であれば、100%のレベルまで治癒しているとは言い難いため、復職を受けるべきではありません。受けるのであれば、極めて慎重に対応する必要があり、他社員の相当なバックアップが必要であることを、会社が認識し、覚悟した上で行う必要があると考えます。

回復が見込める余地があれば、休職を延長するなどして回復の支援をする。

ただし、休職満了時には100%の業務遂行はできないけれども、1~2ヶ月程度休職を延長すれば、回復が見込める場合は、休職を延長するなどして様子を見るべきです。そのような中で、やや無理矢理に休職期間満了で退職という対応を取ると、その対応自体が無効であると主張されるリスクは残るものと考えられるからです。(企業規模や元々の休職期間、個別事情によって対応が異なりますが)

また、これらの会社対応は、他社員の耳に入ることもあり、「随分冷たい会社だ」と思われ、信頼関係にヒビが入ることもありますので、相手が「人」だということを忘れずに、慎重に他対応しましょう。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A