労務トラブルQ&A

管理職にパートタイマーは可能?

一般論として、パートタイマーが正社員が行うべき管理職の職務を果たせるとはいい難い。

一般的に「パートタイマー」や「アルバイト」と呼ばれる労働者の就労形態は様々です。短時間労働者であっても、本来は正社員が行うべき基幹的業務に、もっぱら従事していることが増えています。経営的にそれも仕方ない時代なのかもしませんが、本来的なパートタイマーは、『短時間労働で、主に補助的な仕事、簡易な仕事を担当する』ものです。

本来、パートタイマーは補助的業務に従事するものであり、短時間労働者です。部下の仕事を確認して健康も管理する。そのためには、部下より早く出勤し遅く帰社するのでなければ、管理及び監督という職務を果たしたとは到底言い難いと言えます。やはり部下を持つ管理職は、正社員が担うべきでしょう。

そのパート管理職と正社員の差別的問題もリスクとして出てくる。

また、パートタイマー法8条では、雇用期間の定めの有無、職務内容や責任、人事異動の有無などが正社員と同じパートタイマーについて、単に労働時間が短いという理由で、賃金の決定、教育訓練の実施、福利厚生その他の待遇について、差別的取り扱いを禁止しています。

パートタイマーに、本来正社員が担当するような基幹的業務に就いていれば、正社員との区別がつかず、このような差別的取扱いの議論もできてきますし、また万が一、雇用関係を解消しようとする場面でも、『正社員としてどうか』としての議論になりかねません。

やる気の搾取はどこかでトラブルリスクを抱えることになるので、経営リスクや組織的なバランスの観点からも管理職は、正社員が担当するべきと考えます。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A