労務トラブルQ&A

『採用面接』で会社が聞いていけないことはあるのか?

会社は「採用の自由」と「調査の自由」を有しているが

会社は原則として、社員を採用するかどうかという『採用の自由』と、応募者がどんな人間かを調査する『調査の自由』を有しています。

一方で職業安定法5条では、会社は応募者の個人情報について、業務の達成に必要な範囲内で収集し、その収集の目的の範囲内で保管、使用しなければならないことを規定しています。したがって、会社の聞きたいことを聞いたり、いろいろと下調べしたりするのは業務の必要の範囲内ということになります。

しかし、「業務の必要の範囲内」といっても、非常に曖昧ですし、それ以外にも聞いておきたいこともあることもあると思います。質問する前に「答えたくないことは答えなくていい」と伝えた上で、質問をしましょう。

一見、業務と関係のない事項でも、職業安定法において、「本人の同意がある場合その他適正な事由がある場合は、この限りでない」とありますので、本人の同意の上で、情報を収集するのであれば、法令違反とはなりません。ただしあまりに常識外れな質問はクレームになりますので、必要に応じて行いましょう。

採用の判断も原則自由にできる

会社は、「採用の自由」として、以下が認められています。

  • 何人の採用をするか。
  • どのように募集をするか。
  • どんな人を、どんな基準で募集をするか。
  • 実際に採用をするか
  • どんな人物か、調査をする

このうち、何点か注意する点があります。

「どのように募集するか」については、自社で行う場合には、自由に行うことができますが、募集を委託する場合のみ、委託先が厚生労働大臣の許可を受けている必要があります。(職業安定法36条)

「どんな基準で採用するか」については、労働組合の加入の有無、性別によって、採用決定の理由を基準にはできません。

事前の人物調査については、応募者の人格やプライバシー侵害になるような調査は、事案によって不法行為で、損害賠償の対象となります。また、身元調査も、大阪府、熊本県、福岡県等では、条例で禁止されているので、この地域以外でも、行うべきではありません。

以上の点に注意すれば、採用は基本的には自由であり、会社の決定で行えるものです。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A