労務トラブルQ&A

賞与査定で、欠勤時間の2倍を控除する査定は可能か?

結論から申し上げますと、可能であり同意取得も必要ありません。その理由としては、御社では賞与の支給や金額が約束されていない現状であるため、その支給額は経営判断で決定する事が可能であるためです。

 

他方で、通常の月額に反映する場合には、懲戒処分としての選択肢しかなく「減給」として行うことになりますが、労基法91条において限度額が定められており、賞与にもこれが当てはまり減額が無効なのではないかと争われた事例があります。

 

この裁判例においても、「~一審原告はこの査定によって初めて具体的賞与請求権を取得したものというべきことある~」として賞与における欠勤控除査定を有効と判断しております。(マナック事件 広島高裁・平13..5.23 )

 

つまり、御社では賞与額があらかじめ約束されていない以上、賞与において実際に欠勤時間数以上の欠勤控除を行うという制度は、理論上問題ないことになります。

 

とはいえ、実質的に賃金の減額をより、「社員を威嚇して関係を築く」制度とも言えますので、よくよくご検討を頂いた上で、導入時には制度趣旨を書面などで詳しく説明いただいたほうがよろしいかと存じます。単に結論だけ見せると、余計なハレーションを及ぼす可能性があるので入れざるを得ない主旨などを加えていただくのがベターかと思います。

 

※この回答は顧問先様のご相談と当所の回答内容をを脚色して、公開しているものです。顧問先様の前提を把握した上での回答ですので、どの企業様に当てはまるものではないことをご了承ください。

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お気軽にお問い合わせください

  • 全国対応。初回相談は無料(経営者限定):03-6234-4395

お問い合わせランキング

  1. 1位「問題社員に辞めてもらいたいのですが…。」
  2. 2位「社員が一人でも入れる労働組合に加入したようですが…。」
  3. 3位「残業代を一切支払っておらず、心配なのですが…。」

コンテンツメニュー

事務所案内

  • 事務所入口
  • 会議室
  • 社会保険労務士事務所インサイス
  • 代表:脇 淳一
  • 〒107-0052
  • 東京都港区赤坂4-1-1 
    SHIMAビル6階
  • 電話:03-6234-4395
  • FAX番号:03-6868-3320
  • メール: info@sr-waki.com

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

サイトマップ

  • 代表者インタビュー

お役立ちコンテンツ

  • 問題社員対応サポートサイト
  • 問題社員対応の解決事例集
  • 労働組合対策サポートサイト
  • 労基署調査対策サポートサイト
  • 労働時間Q&Aサイト
  • 就業規則作成サポートサイト
  • 労務トラブルQ&A